PHPの開発環境の作り方

こんにちは、アツです!

この春、仕事でも必要であることから、改めて「PHP」を勉強しながら、開発をしていこうと考え、PHPの開発環境を作ろうと思い立ちました。

PHPは、サーバーサイドで動くスクリプト言語で、HTMLに埋め込んで動かすことができます。

ちなみに、WordPressの管理画面や、ブログもこれで作られています。

WordPressをダウンロードしたら、phpファイルの証である、phpという拡張子がつくファイルを多く見ることができるはずです。

さて、そんなPHPの開発を進めるにあたって、いちばん重要なのはできたものの確認ですね。

ところが、これ、サーバーで動く言語なので、HTMLやCSS・JavaScriptと違って、メモ帳を作って保存してそれをブラウザで見る、、、ということができません。

そのため開発して、できたものを確認することができる環境、PHP開発環境が必要になるんですね。

初心者向けのPHP開発環境って?

Google先生で「PHP開発環境 作り方」と検索。

ズラっと出てきました。

  • Macならターミナルでインストールできるのでそのコードを公開
  • MAMPという一括ダウンロードパッケージ
  • XAMPPという一括ダウンロードパッケージ
  • マイナーなツール(玄人向けらしい)

といろいろな方法が。

このなかで、サクッと簡単にできるものを、ということで、「XAMPP」を選びました。

XAMPPというのはWebアプリケーションを作るために必要なLinax、Apache、MySQL、PHP、Perlの頭文字をとったものです。

XAMPPのインストール

下のページからXAMPPをダウンロードしてインストールです。

Apache Friends

特に難しいところはなく、下記のインストールのポイントに気をつければOKです。

  1. 「Select Components」の画面では初心者は全部ダウンロードしちゃっていい
  2. デフォルトのインストール先は「C:\xampp」になり、ここからフォルダが確認できる
  3. 「Bitnami for XAMPP」の画面では「Learn more Bitnami for XAMPP」のチェックを外す(WordPressやRedmineに興味があるなら外さなくてもOK)
  4. インストールできたら、XAMPPを起動してApacheとMySQLのところの「Start」ボタンを押す
  5. ブラウザで「http://localhost」と打てばXAMPPをインストールしたディレクトリ「xampp/htdocs/」の中が表示される。つまり、index.phpを作って上記ディレクトリに保存すれば、「http://localhost/index.php」で結果を確認できる。
  6. あとはこちらのディレクトリに好きに開発したphpファイルを入れて開発していくだけ!

まとめとおまけ

と、こんなふうにあっさり終わってしまいました。

そうなんです、究極的にはXAMPPをダウンロードしてインストールして起動すればいいだけなので。

後は私がつまずいたポイントを挙げてあるので、そちらに気をつけてもらえれば、サクッとできると思います。

ここからはおまけですが、

プライベートのMacでは、MAMP、仕事用のWindowsではXAMPPをインストールしていたのをすっかり忘れていました。。。

とはいえ、MAMPもダウンロードしてインストール後の4〜6も似たような感じでいけます。

では、次回からは、PHPのプログラミングを開始していこうと思います!