超一流の雑談力とは

こんにちは、アツです!

前回、雑談力の上げ方について本を読みました。

雑談力が上がる話し方

今回は、その成功モデルとして、超一流の方の雑談力とはどういうものかを見てまいりましょう!

最初に出会ったときの会話から印象が決まっている

その人に対するおおむねの評価は会話が始まってから1分。最長でも4分で決まることがわかっています。(中略)相手に提案したいことやお願いごとがあるとき、気になる人を食事にお誘いしたい場合など、最初にいい印象を与えているかどうかで、そのあとの関係にかなり響いてくる、ということです。

超一流の雑談力では、最初の第1印象からすべてが決まっているということでした。
確かに第1印象がその後の付き合い方を決められてしまうのは疑いようもありません。

したがって、できる人は「自己開示」を早めて距離を縮めるスピードを早くするのだそうです。

自己開示とは言うまでもなく、「自慢話はしない」で、「軽い失敗談を話す」ということですね。
自慢話は論外なのは当たり前ですが、失敗談にも注意が必要です。
「ちょっと大丈夫か?と思われるエピソード」より、「ああ、あるよね」と笑って同意されるような「オチ」がついているのを1分目安で短く話します。
そして、あとは相手の話を聞くということがよいようです。

話し方にも工夫が必要

当たり前ですが、「わかりやすい」「人を引きつける」話し方でなければ、第1印象は上がりませんね。

この本で紹介されている方法として

  • オトマトペをつかう(雨がザーッと降ってきた、雨がザバーーーッと降ってきた)
    →ちょっと盛ってみると、さらに盛り上がりそうです
  • 一文を短く、リズミカルに話す
  • 鉄板ネタを持っておく(つまりそれをいつでも話せるように練習をしておく)
  • ゴールのある雑談を心がける(つまり雑談した目的を意識する)

がありました。
超一流の雑談とはこういうことをいうのですね。

雑談での話題の選び方

超一流になるとゴールのある雑談を心がける、というのをさっき紹介しました。
ではそのゴールに向かって話題をどのように選んだら良いのでしょう?

  • 最初の話題としては当たり障りのないもの(天気・ニュースなど)を選ぶ
  • 最初の話題をフックに、相手の反応を見ながら相手がどこに引っかかるかを探る
  • 雑談を盛り上げるために「おもしろい」「興味深い」「使える知識」の話をする
    →ネタを常時仕入れておく

ということです。
相手の反応を見ながら縦に横にと会話を広げていくというのがミソですね。
ただ、そのためにはネタを常時仕入れておく必要がありそうです。

相手の話に興味を持つ

先程、自己開示を軽くやって、あとは相手の話を聞くようにする、と言いました。
つまり、自分だけ話さないで相手に話させるようにすると相手が気持ちよく話せて印象に残る、というわけです。

ではそのような気持ち良い聞き方というのはどういうことでしょうか?
思いつくこととしては、よく言われるのは、相手の話に興味をもつこと、ですよね。

興味を持つということは、つまり、ちゃんと話を聞いて理解して、ちゃんと反応していくということです。
コミュニケーションの基本ですよね、これ。

また、最初でも触れましたが、雑談には目標を持つこと、というのがありました。
したがってその目標を達成するための質問をする必要があります。
また、その人の「バックグラウンド」や「思い」を深堀できるようにするとなおよいようです。

また、相手が話したくなるフレーズとして、「何か特別なことをされているのですか?」「何か特別なものなのでしょうか?」と、特別、という言葉を入れて会話をすると相手が気持ちよくなってついつい話したくなるようです。魔法のフレーズ、といった感じでしょうか。

反対に言ってはいけないフレーズも紹介されていました。
それは、「なぜですか?」ということでした。
なぜ?というと問い詰めるような言い方になってしまい、相手に負担がかかってしまうから、です。やはり、雑談ですから、気持ちよい話をしたいですよね。

相手によって話し方を変える

・プライドが高い人は素直に褒める
・おっとりした人には強すぎず、弱すぎず、ギリギリ押しながら話をする
・冷静沈着なタイプには、数値や根拠・事実なども添えてプレゼンするように話をする
・社交的な人には楽しい話をする
・おとなしい人にはペースを合わせてゆったりと話をする

というように5つのタイプに分けてそれぞれ話し方を変えるとよいようです。
私もいろいろな人と話をした経験から、やはり、いろいろな人がいるわけで、それぞれに合った話し方を心がけるべきだと思います。

雑談ノートを付ける

人との距離を縮めるためには、やはり、前回話したことや、相手に関係のあることなどをフックに雑談をすることが有効です。
そのため、前回話したことや相手の好きなこと、趣味などをノートにまとめておき、時々眺めることによって、次の雑談への準備ができます。
これ、すごく大事ですよね。

まとめ

今日は超一流の方が、雑談でやっていること、を紹介しました。
超一流がやることといっても、やはり「誠実に話を聞くこと」「相手に気持ちよく話してもらうこと」「相手に興味をもつこと」が、基本なのだなと思いました。

言われてみれば至極、当たり前のことばかりです。
しかし、いざ、やろうとしてもなかなか難しいことなのです。
それができるということが、超一流たる所以、ということになるのでしょう。