雑談力が上がる話し方

こんにちは、アツです!

今回は前回とは打って変わってコミュニケーション編。

私も実は雑談は苦手です。
急に知り合いに突然会ったとき、何か言わなくちゃ。。。と思いつつ、何も浮かばず、挨拶こそするものの、それ以降が続かない。。。

という経験を山ほどしてきました。
でもいつまでも苦手、、、というわけにはいきませんよね。
というわけで雑談力をあげよう!ということで、この本を手に取りました。

あの国語学者の齋藤孝さんの本です。

雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール

雑談=中身が無い話だと知る

雑談は言葉をそのままあらわすと「いろいろな話」と言い表しますが、雑という言葉が示す通り、「雑」な話、つまり中身の無い、取り留めのない話ということになります。

つまり結論が出なくてOKで、むしろ、あちこちに飛ぶ話で全然OKということ。

ここにコミュニケーションの秘訣があります。

挨拶+αからはじまってサクッと切り上げる

まずは挨拶からはじまります。
これはまあ常識ですね。でもここから続かないと。
対策としてはやはり挨拶と一緒にプラスアルファを出すようにすることです。

「おはようございます!毎日暑い(寒い)ですね/雨ひどいですね」
「やあ、こないだの休日どっかいった?」「いやあどこも。。。○○さんは?」
というような感じですね。

そこで結論を出そうとせず、連想ゲームのように、「そうそう、○○といえば、〜ということがありましたね〜」みたいにどんどん話題を変えていく。

そして、目的地についたら話の途中でも、「あ、私ここですね、ではまた」とサクッと切り上げる感じでOKなのです!

雑談はリズムの良いオウム返しや連想ゲームみたいなもの

先ほど、○○といえば・・・という連想ゲームのようにどんどん話題を変えていくという話をしました。

それ以外でも、質問されたら、答えて、それに加えて「あなたは?」という。
私の友人は「質問てのは、質問した側も質問してほしいもんなんだよ」と言っていて、私はああ、なるほどなぁとうなずいた覚えがあります。
オウム返しのようなものですが、雑談としてはこういうことも有効なんだなと学びました。

気持ちよく雑談する

あとは、気持ちよく雑談するということは要するに、相手を気持ちよくさせる。ということから、「相手をなんでもいいから褒める」「相手の話すことに同意する」ことが出てきますね。

それともう一つ。大事なのは、「愚痴」や「悪口」を笑い話に変えること。だれだって愚痴や悪口は聞きたくないですし、かといって、それ言っちゃダメでしょとか言うと角が立ちます。でしたら、もう笑い話に変えてしまうということですね。

雑談ネタを仕入れておく

これよく言われますが、雑談ネタということは要するに、相手との共通点を探す、つまり、雑談相手に興味を持って、相手がどのようなことに興味を持っているのか、はたまた私との共通点があるのか、を探ることに尽きます。

それが見つかったならあとは連想で、いろいろ調べてみるとよいですね。

たとえば相手が筋トレに興味を持ってそうなら、筋肉についてのウンチクについて質問するというのでも良いと思います。

まあ、時事ネタもありますので、そこは自分なりにアンテナを張っておかないといけませんがw

他にも「人から聞いた話」を話せるようにしておくということも大事ですね。

たとえば今私も、人から聞いた話として、「質問ってのは質問した側も質問してほしいもんなんだよ」という話をしました。

こういうふうに人と話している話題に関連するテーマが出たら人から聞いた話を話すということも有効だということですね。

バカバカしい話を真面目にやる=楽しい雑談

そういえば、私自身もいろいろな方と飲み会に行き、バカバカしい話を真面目に論議したことがあります。

たとえば、店員さんの年齢を見ただけで当てるということだったり、(店員さん失礼しました。。。)きゅうりは塩か味噌かどっちにつけて食べるかというようなことだったり。。。

こういうバカバカしいことでものっかって真面目にしゃべる。これだけでもすごく楽しい雑談ですね。

そういうことは飲み会だからできるということもあるのですが、たとえ飲み会でなくても、企画会議ということで、とっぴなアイデアを真面目に論議するということでも良いと思うんですね。

まとめ

雑談は中身がないけれども、心地よく終わる必要があります。

ですから、相手も私も気持ちよく雑談するために必要な話し方はなにか?ということを考えると答えは自然と出るのではないかと思います。

あとは訓練あるのみです。

相手を気持ちよくさせる、連想ゲームを延々と繰り返すのです。
そしてそれがやがて、自分も楽しくなれば、締めたものです。
ずっとそういう話し方を意識してやっていけば、自然と雑談力は上がっていくのだと思います。

2 件のコメント